TOPページ > インテリアセラピーフラワー


インテリアフラワーのカラーセラピー効果について

どんな人でも花束をプレゼントされて悪い気がする人はいません。
花は、自然体のままで色の魅力を伝えてくれます。
そんなバリエーション豊富な花色で、インテリアとしての効果とカラーセラピー効果を与えてくれるのがインテリアフラワーです。
色の心理的効果を色相別にしてみました!


RED---赤



赤は華やかな空間作りに欠かせない色です。
玄関、ロビー、廊下など人の集まるパブリックスペースが適しています!
心が晴れないとき、沈んだ気持をポジティブに変えたいときなど、赤の色の効果は絶大です。

赤は交感神経に働き活力を高め、決断を促す効果もあります。
色の意味は、情熱・愛情・欲望・実行力・成功・開放感などで、豊かなエネルギーを与えてくれる色です。
赤い洋服は、勝負服というのは本当のことです。
私は、やる気の出ない日は赤いインテリアフラワーを目に付くところに置いて置くようにしています。
本当にテンションが上がってきますから試してみてくださいね!


ORANGE---オレンジ



オレンジはカジュアルで親しみやすく、暖かなイメージがあり、会話を 弾ませる開放感のある色です。
誘目性も高く人の目を引き付ける色でもあります。

オレンジは、自律神経を刺激する作用があり、食欲を喚起し、心身を活性化 させる働きがあります。

プラス思考で気持を前向きにする色で、気力を満たし治癒力を高める色でも あります。
色の意味は、活気・家庭的・親和・楽しく明朗・豊かな実りなどです。 食卓やリビングなど人の集まる場所にインテリアフラワーとして最適です。 人との会話も弾む色なので、来客時には必ず置いて置きたいいろですね!


YELLOW---黄色



明るい黄色のインテリアフラワーは、陽気なイメージで人が集まる場の空気を弾ませるため
キッチンやダイニングテーブルに適しています。
色の意味は、活気・喜び・軽快・楽天的・ユーモラスなどです。
黄色の明るい花は、脳を刺激して消極的な気分を一掃し、前向きな気持を引き出してくれます。

黄色は、果物の色のイメージとも結びつき消化器系を活発にし、明るく元気にしてくれる色なので、
何処にでも置いていただいて楽しい気分で毎日を過ごしていただけるインテリアカラーです。

ただ、安眠の妨げになることもありますので、寝室にはおすすめできません!


GREEN---緑



緑の中でも若々しい新緑の色黄緑は成長を促す色で、常緑樹の新緑は
永遠の命を象徴する色といわれています。

緑とは豊かな自然の色で、生命の記憶、人の安らぎの色です!
このような緑の記憶は、情緒を安定させ心を落ち着かせます。副交感神経に働く緑は、
目の疲れを癒し心身の緊張をほぐし細胞をいきいきとしてくれる色なのです。
色の意味は、再生・安心感・リフレッシュ・調和・落ち着きです。
自然が身近に感じられるようなインテリアフラワーをお部屋に置き、心落ち着かせ気持をリラックスさせてみてください!


WHITE---白



白は、明るく色みを感じさせないため調和の色で、真っ白な気持で雑念を払い思考や精神の統一を
する作用をもっています!色の意味は、純粋・清潔・素直・信頼・奉仕・献身です。
やわらかい光が射し込んでいるような暖かい白の空間は心の余裕をもたらし、開放感を演出してくれます。

すべての色を反射・透過する白は、体に必要な光エネルギーを受け入れ供給してくれます。

また、白を好む人は孤独を愛し、シンプルなライフスタイルに対するあこがれの強い人です。


BLUE---青



青い花を見ると気分が落ち着くことに気がつきませんか?「青」は自律神経の
なかでも副交感神経に働き血圧を安定させ、呼吸や脈拍数を整えます。
イライラして眠れないとき、寝室に青いものがあるとよく眠れます。
色の意味は、信頼・希望・理想・安心・冷静・さわやかなどです。
濃い青はしいの安定と品格を表し、明るい青は自立や希望を示します。
その中でもターコイズブルーは心を元気にしてくれる色です。

青は気持を冷静にする自制作用があります。青を好む人は周囲の意見に 左右されず自分の直感を信じるマイペースなタイプです。

また冷却作用もある為、クールビズのワイシャツにも仕事の信頼性と 確実性のイメージをプラスしてお勧めです。

北向きの寒い部屋や、冬のリビングには向きません。食卓に置くと 食欲が落ちる心配もあります。



VIOLET---紫



古来より紫は高貴な色として王侯貴族の衣服や神聖な場所に多く使われてきました。
インテリアとしてリビングのソファやクッション、インテリアフラワーとして部屋の装飾性と格調をたかめるのに
適した色です。

色の意味は、高貴・優雅・創造性・神秘的・インスピレーションなどです。

ラベンダーを連想する紫は、落ち着きを感じる色であるとともに
精神性の色であり思考力のアップや、インスピレーションや直感力をかきたてる色でもあります。

紫を好む人は、デリケートで思いやりのある芸術家タイプが多く、付き合う人を選びます。
ビジネスの現場でも自分の感性が生かせる環境で働くことを望むマインド志向がみてとれます。